【商品レビュー】Fitvic 電動フォームローラーの使用した感想!!

スポンサードリンク

(Fitvic電動フォームローラー)

本日もゆるふわ、とんぺーフィットネスです。

今回はトレーニングのコンディショニング(疲労部位の回復や怪我の予防)で非常に効果のあるアイテム”電動フォームローラー”を使用した感想と、その中でも1万円で買える比較的安価な「Fitvc」を使用した感想をお話しします!

 

今回電動フォームローラーを購入するきっかけとなったカイさんの記事です。

この記事を見てから僕の記事を読むと電動フォームローラへの理解がより一層深まると思います。

そもそもフォームローラーって何?

フォームローラーは表面がゴムで覆われたポールです。

バッグに入る大きさでコンパクトなものが多く、使用方法としては筋肉残った部分に当てて、地面との間でコロコロ転がし圧迫することにより、疲労を軽減します。

基本的に安価な値段のものが多く、2000円以内で購入できるものもあります。

高価なものでも5000円程度のものが大半です。

 

電動(振動)フォームローラーとは?

電動フォームローラーはその名の通り、電動で振動するフォームローラーです。

電動で振動するので、普通のフォームローラと少し使い方が異なります。

ノーマルなものは自身が動くことでローラーをコロコロ転がし、圧迫刺激により疲労を軽減させるのですが、

電動フォームローラーはスイッチをONにして振動させた状態でトレーニングで張った部位に当てるだけで疲労軽減やこりをほぐす効果を得ることができます。

もちろん転がしながら振動させる使いかたもできるのですが、面倒くさがりやな人にとってはスイッチONの状態で当てているだけでも問題ないです。

電動フォームローラーのメリット&デメリットを挙げてみた!

メリット

電動フォームローラーのメリットは3つあります。

①振動するので自身で動く必要がないので楽

普通のタイプのフォームローラーは自らが動くことによりローラーを動かす必要があるのですが、これは当てているだけで良いので非常に楽です。

トレーニング後の疲れて一歩も動きたくない状態の人にとっては非常に便利なアイテムです。

②ノーマルタイプのものでは当てるのが難しい部位も振動でほぐすことができる

肩や腕などの小さな筋肉は転がして刺激するのが難しいのでそういった部位にはこの電動ローラーは効果抜群です。

全身の筋肉をほぐすことができるので、個々人の身体の状況に合ったコンディショニングを行うことができます。

③マッサージ機として使用できる

電動フォームローラーは振動でほぐすものなので当てると非常に気持ちが良いです。

普通のタイプのものでも筋肉がストレッチされて気持ちが良いのですが、それに振動が加わると、まさにマッサージを受けているような気持ち良さです。

脊柱起立筋に当てている時はあまりの気持ち良さにうとうとしてしまい。2分で良いところを、5分以上当てっぱなしにしてしまいました。

デメリット

①振動音が大きい

電動で振動させるのですが、この振動音が結構大きいです。

壁の薄い家に住んでいる方は夜にやると隣人から苦情が来る可能性もあるので、

ベッドやマットなど柔らかい地面で行うのが良いと思います。

②ノーマルタイプのものより重い

電気機器なのでゴムだけのノーマルタイプと比べると明らかに重いです。

今回のFitvcは1.05kgなのですがバッグに入れると普段よりはトレーニングバッグが重くなることを考えた方が良いです。

③充電が面倒

電動フォームローラーは充電する必要がある製品です。

Fitvcは充電時間が2時間で一番低い振動数で連続5時間、最も多い振動数で連続2時間使用可能ですが、充電が切れるとただのフォームローラになってしまいます。

フォームローラーの中には1時間持たないものがあるので数日に一回は充電する手間がどうしても出てきてしまいます。

④ノーマルタイプのものと比べて値段が高い

電化製品なので、普通のものと比べて値段が高いです。

中には5000円程度で購入できるタイプの電動フォームローラもあるのですが、振動力がかなり弱いのであまりオススメできません。

個人的に効用としてはメリットの方が多いと感じているのでオススメできます😄

今回購入したFitvc電動フォームローラーと他社製品との比較

電動ローラーで有名なブランドの2社と様々な要素を比較しました。

FitvcとDoctor Air ストレッチロール、HYPERICE VYPER2.0を表にして比較しました。

サイズ

サイズに関しては直径が他の製品よりも5cm小さいので、一回りもしくはふた回りくらい大きさは異なります。

重量

重量はドクターエアよりは重く、ハイパーアイスよりは軽かったです。

振動数

振動数はストレッチロールより多く、VYPERよりも少ないです。ただ振動数よりも振動の強度の方が大事なのであまり気にする必要はないです。

保証期間

保証期間全社で1年間です。

価格

Fitvcがダントツで安価です。

9,280円の1万円以内で購入できる製品は珍しいです。

他のブランドは2万円近くかかるので、トレーニング始めの人にはなかなか手が出ない値段です。

今回僕がFitvicを購入した理由もそれです。

実際にFitvc電動フォームローラーを使用した感想

使用した感想として、普通に気持ちよかったです。

振動レベルとしては3~5がちょうど良かったです。

網目が3種類あるのですが、基本的に大きな違いはありませんでした。

荒い網目

網目が細かい

タイヤ状

タイヤ状の網目の方が振動が奥まで入る気はするのですが、皮下脂肪の多い背中や太ももに当てることが多いのでどこの面でも十分な効果はあると感じています。

手や腕などの皮下脂肪が薄い部位であればタイヤ状の面が効果が高いと感じます。

トレーニング後に使用するとベンチプレスやデッドリフトで疲労した脊柱起立筋下部に心地よい刺激を得ることができました。

 

まとめ

以上が僕が電動フォームローラーFitvicを使用した感想です。

懸念点としてはやはり他の電動フォームローラーを体感していないので振動強度がどの程度なものかが検討がつかないことですが、個人的にはFitvic社のもので十分筋肉をほぐすことはできました。

今後、ドクターエアやVYPERなど他の製品を使用する機会があれば比較した感想を追記したいと思います。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東北の地で、自由とは何かを考えながら筋トレと食事と睡眠の日々を送る大学生です。 筋肉留学・筋肉浪人・筋肉留年の全てを経験。 趣味は「パワーリフティング」で、筋トレを通じて心と身体を強くすれば、日本に挑戦する人が増え、最終的に挑戦に優しい素敵な社会になると本気で思っています。 普段はブログやYoutubeを通して「パワーリフティング」や「筋トレ」の布教活動しています。 大会公式記録  ・スクワット210kg ・ベンチプレス 150kg ・デッドリフト240kg Total:600kg 2017 全国大会 93kg jr 5位 2018 全国大会 93kg jr 4位 2019 宮城県春季パワーリフティング大会2位