【マイプロテイン】オススメのプロテインを紹介します!!!

スポンサードリンク

本日もゆるふわ、とんぺーフィットネスです。

今回の記事では高重量をとにかく求めていくパワーリフターである僕が普段取っているプロテインをご紹介します。

現在トレーニング歴は四年、パワーリフティング歴は3年に差しかかろうとしています。

トレーニングを続けていく中で様々なサプリメントを試しました。

リフターの中にはサプリを全く取らないにも関わらず途轍もない記録を出す選手もいますが、僕は性格が凝り性なのでビルダーの方並みのサプリの量(15種類くらい)をとっていた時期もありました。

累計で20種類近くのサプリを使用してきたのですが、現在では4種類のサプリのみに絞っています。

その4種類とは以下のサプリです。
・プロテイン
・クレアチン
・EAA
・BCAA

今回はその中でも一番重要なプロテインに関して、
サプリで取る狙いやメーカーについてまとめました。

3分程度読めるのでぜひ読んでいって下さい。

プロテインについて

僕がトレーニングで継続して成長する上で最も重要だと考えているのがプロテインです。

プロテインをサプリに入れるかどうかは人によって判断が分かれるところなのですが(タンパク質の粉なので食品と見なす場合もある)今回の記事ではサプリに入れます。

プロテインを飲む理由

プロテインを飲む狙いは、1日のタンパク質量を確保するためです。

基本的に僕は1日のタンパク質量を体重×2(g)を摂取するようにしています。

現在の体重が98kg程度なので、100kgと仮定して毎日200g以上は取るようにしています。

食事に関してはある程度タンパク質量の多いものを選んで食べるようにはしているのですが、それでも100gくらいが限界です。

特に現在は極端な増量をしているわけではないのでそもそもの食事の摂取量がそこまで多くないです。

(カロリー自体は1日2500~3000kcalくらいです。それでも100kg近い体重が維持できるのが人間のホメオスタシス(恒常性)の凄いところです。)

そこでプロテインを朝食やトレーニング後、寝る前などに飲むことで足りないタンパク質を補うようにしています。

基本的には1日3回(朝食時、トレーニング後、寝る前)の3回に分けて1回につき40g取るようにしています。

食事での100gとプロテインでの120gで1日の合計タンパク質量を220g以上は取れるように調整しています。

1日のタンパク質量を一定以上確保することで、単純に筋量を増加させるだけではなく、筋力自体の向上も図ります。

タンパク質が筋量だけでなく筋力にポジティブな影響を与えることについての
「科学的根拠」が書かれた本。トレーニング中級者以上が読んでも気づきが得られる。

パワーリフターにとって、筋量の増加はもちろん、MAX重量を出す更新するためには筋力を上げるのは必須です。

日々の食事から一定以上のタンパク質量が取れる方以外であれば、プロテインでタンパク質量を確保するのがオススメです。

(実際、食事だけでタンパク質を摂取するのは無駄なカロリーを摂取してしまう点でも、お金がかかり経済的ではないという点から考えても大変だと思います)

オススメのプロテインメーカー

僕が普段飲んでいるプロテインのメーカーは、「MYOROTEIN(マイプロテイン)」です。

イギリスのメーカーのもので国内シェア率はトップクラスです。

(画像を押すとサイトに飛べます)

僕がマイプロテインをお勧めする理由は質が高く、金額が圧倒的に安いからです。

プロテインの質とは?

プロテインの質を判断するのにはタンパク質含有量というものが大事になってきます。

プロテインパウダーはその全てがタンパク質というわけではなく、炭水化物や資質も少量ではありますが含まれています。

なのでプロテインにどれだけ多くタンパク質が含まれているかが、プロテインの質を判断するのに重要になってくるのですが、基本的には70%~80%の間に推移している製品がほとんどです。

マイプロテインのタンパク質含有量は、1スクープ(1杯)25gのプロテインに対して19gのタンパク質が含まれています。

つまりタンパク質含有量は76%です。

(下から2番目がタンパク質量。25gに対して19g,タンパク質含有率でいうと76%)

これは味付きのものなので、プレーン味(味無し)のものであればよりタンパク質含有率は高く、80%を超えています。

(プレーン味の栄養成分表示。味がないので飲みづらいが
その分タンパク質量は味付きのものよりも高い。)

国内国外問わず多くのプロテインメーカーの製品は70%前半の数値に対してMYPROTEIN社のものは味付きのものでも70%後半を有しています。

ちなみにプロテインメーカーの中にはこのタンパク質含有量が70%を切っているものもあり、購入の際はこの含有量に気をつける必要があります。

プロテインの種類には大まかに考えると、
製法によりWPC(ホエイプロテインコンセントレート)と
WPI(ホエイプロテインアイソレート)の2種類に分かれます。

ざっくり説明すると、WPCをさらに細かく濾過し品質を上げたものがWPIです。その分値段は高いです。

僕が今回紹介したものはWPCの製品ですが、WPIのプロテインだと、MYPROTEINのものだと含有率は90%です。

(100gあたり90g。)

アイソレートの製品はコンセントレートのものよりもお腹を下しにくい
(乳糖がほとんど入っていない)ので、牛乳を飲むとお腹を下す乳糖不耐症の方にはアイソレート製法で作られたプロテインを購入することをオススメします。

価格に関して

価格に関して僕が知る限りではMYPROTEINより安価な値段でプロテインを販売しているメーカーはないと思います。

トレーニング始めたての頃はドンキホーテに売っているような1kg5000円くらいするプロテインを見て適正価格はこのくらいなのかなと思っていたのですが、マイプロテインを始めた購入した時は驚きました。

下の画像は現在マイプロテインのサイトで5kgのもの(プレーン味)を購入する場合の値段なのですが、5kgで7302円です。

(今回は1300円弱の割引でしたが、これはかなり割引率が低い祭の数値です。)

つまり1kgあたり1460円で、ドンキなどに売られているものの3分の1以下の値段で購入できます。

ちなみにマイプロテインは年間を通して常に割引セールをしているのですが、クリスマスや感謝祭時にはその割引率が更にアップするのでそのタイミングで購入すると更に安く購入できます。

※海外から輸入しているので、8500円以上購入しないと関税がかかってしまうので注意が必要です。

プロテインにしろ他のサプリでも継続して飲まないことには効果は出ないのでサプリを選ぶ上では値段というのは非常に大事になってきます。

MYPROTEINのプロテインを選ぶ際の注意点

マイプロテインを購入する際に気をつけなくてはならないポイントが何点かあります。

①クレジットカードでしか購入できない

MYOROTEINは直店舗がなく、ネットでの購入限定なのですが、代金引換ができません。

なのでクレジットカードを持っていない方は、作るか、代金引換もしくはコンビニ払いができるサイトで購入することをオススメします。

iherbというサイトはコンビニ払いができるのでカードを持っていない方はこちらのサイトで購入できます。

(クリックするとiherbのサイトに飛べます。)

ちなみにiherbで購入できるプロテインでおすすめなのは

Optimum Nutrition, ゴールドスタンダードダブルリッチチョコレート、5ポンド(2,27 kg)

です。

値段に関してはMYPROTEINに軍配が上がりますが、質(タンパク質含有量)はほぼ同程度。そして味が非常に美味しくて飲みやすいです。

②味に当たり外れがある

マイプロテインはとにかくプロテインの味の種類が多く、普段から30種類以上のラインナップを持ちます。

2019/05時点での味のラインナップ。多すぎて良く分かりません。

大抵のプロテインは美味しく飲めるのですがたまにハズレの味があります。

以前注文した抹茶味は干し草のような味がして、抹茶味と思って飲むと違和感がありました。全く別のよくわからない味のものとして飲んだら意外とイケました。

他にもマイプロテインを飲んで人工甘味料の味を感じるという方もいて、苦手な方は苦手な印象です。

(フィットネス&美容系Youtuberのディーさんのレビュー動画。
マイプロテインは味が合わなかった模様)

僕はプロテインの味に関してはそこまでこだわる方ではないので基本的に美味しく飲めます。

以前注文したあずき味も、あずき味と思って飲むと似ても似つかない味なのですが、別のテイストのものとして認識したら問題なく飲めました。

味に強いこだわりがある方は他のメーカー(先ほどのゴールドスタンダードなど)をオススメします。

僕がオススメする万人ウケする味は、
「ミルクティー」「チョコレート」「バナナ」「ブルーベリーチーズケーキ」、この辺りだと思います。

③届くのが遅い

イギリスから船で輸送しているので届くまでに最低でも約1週間はかかります。

Amzon Primeで注文してその次の日に届くことに慣れている方には遅く感じるかもしれません。

以前までは1週間どころか2週間以上かかっていたこともあるのですが、
インフラが整ったのか最近ではほとんどのケースで1週間弱で着くことが多いのでよほどプロテインのストックがなく困窮している場合を除いたら特に問題は感じないと思います。

④ごく稀に届いた袋からサプリがこぼれていることがある。

これは20回近くマイプロテインを注文してきて1度だけ経験があるのですが、EAAのパッケージの閉じが甘く、ほんの少しだけEAAの粉がこぼれていることがありました。

おそらく運送の過程で何度か衝撃にさらされるうちにパッケージの接着部分が開いてしまうのが原因だと思います。

こうした目にあうのが嫌でマイプロテインを買うのをやめた方がいるらしいのですが、カスタマーサービスに連絡すれば新しい商品を送ってくれるらしいのでので、そこまで問題はないかと思います。

(念の為写真を撮っておくとカスタマーサービスに連絡する時手続きが楽になると思われます。)

僕は溢れた割合がほんの少しだったので特に請求はしなかったのですが次こぼれていたときは新しいのを請求しようと思います👍

まとめ

以上、プロテインに関して、僕が飲む理由と、メーカーについて説明しました。

今までプロテインのメーカーだけで10種類近くのメーカーを試してきましたが、最終的にMYPROTEINに落ち着きました。

この記事を読むことで皆様がプロテインを選ぶ際、
選択が少しでも楽になれば幸いです。

また次の記事でお会いしましょう!

それではまた!!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-05-09-10.47.32-1-1024x855.png です
(普段使用しているサプリメーカー。画像を押すとサイトに飛べます)

おまけ

プロテインメーカーの中で最も安価と言われる「マイプロテイン」と国内最安値の「エクスプロージョン」の商品を「価格」から「栄養素」まで徹底比較した動画です。良かったらご覧になって下さい😄

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東北の地で、自由とは何かを考えながら筋トレと食事と睡眠の日々を送る大学生です。 筋肉留学・筋肉浪人・筋肉留年の全てを経験。 趣味は「パワーリフティング」で、筋トレを通じて心と身体を強くすれば、日本に挑戦する人が増え、最終的に挑戦に優しい素敵な社会になると本気で思っています。 普段はブログやYoutubeを通して「パワーリフティング」や「筋トレ」の布教活動しています。 大会公式記録  ・スクワット210kg ・ベンチプレス 150kg ・デッドリフト240kg Total:600kg 2017 全国大会 93kg jr 5位 2018 全国大会 93kg jr 4位 2019 宮城県春季パワーリフティング大会2位